障害者総合支援法とは

  1. HOME
  2. 障害者総合支援法とは

障害のある人への支援を定めた法律。
18歳以上の身体障害者・知的障害者・精神障害者・難病のある人を対象に、それぞれのニーズに応じてさまざまな福祉サービスを利用できる仕組みを定めています。

障害者の日常生活に加え、社会生活を総合的に支援するためのもの。
この「障害者総合支援法」によって行なわれるサービスは、「障害福祉サービス」と呼ばれます。

介護保険制度においては、障害福祉サービスを利用している人を含め、原則として 40 歳になると、被保険者として介護保険に加入します。

「失敗しないグループホームの選び方」を見る