大腿骨とは

  1. HOME
  2. 大腿骨とは

足の付け根(股関節)から膝までの太ももの骨。
人間の骨格の中で最も長さのある骨で、体重を支えたり、歩く時に重要な役割を果たします。

高齢者のけがの中でも頻度が高いものが、この「大腿骨」の骨折です。
転倒して立ち上がれなくなった時には、まずこの「大腿骨」の骨折が疑われます。
特に骨粗鬆症を患っている人は、軽い転倒でも大腿骨骨折の恐れがあります。

「信頼できるケアマネージャーの選び方」を見る