訪問診療とは

  1. HOME
  2. 訪問診療とは

病院へ通院することが困難な患者に対して、医師が定期的に自宅を訪問して診療を行なうサービス。

「訪問診療」では、1〜2週間に1回の頻度で診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導などを行なうなど、定期的かつ計画的に訪問するという特徴があります。
それに対して「往診」は、体の具合が悪くなった時、患者の要望に応じて医師が自宅に伺うものです。

「信頼できるケアマネージャーの選び方」を見る